AGA治療の種類、効果、副作用

AGAとは

男性型脱毛症を一般的にAGAと呼び、20代以上の男性に限ると3人に1人がAGAに該当すると言われています。

その症状は頭頂部と生え際における毛髪が薄くなるもので、原因はほとんどの場合において遺伝もしくは男性ホルモンの影響です。

AGA病院でしっかりとした治療を受けなければ、AGAの進行は止まりませんので注意をしなくてはいけません。

AGA病院で活用できる代表的なAGA治療の種類とは

主に内服薬や外用薬を用いるAGA治療薬や、メソセラピーといった施術を要する治療法を用意しています。

このほかにも毛髪を移植する自毛植毛が代表的で、AGAの進行や個人の体質にあわせて、専門医から適した医療を提案して貰えます。

AGA治療薬の効果と副作用

AGA治療薬に含まれるフィナステリドは、抜け毛防止などAGAの進行を停止する作用を備えた有効成分です。発現率が非常に低いものの、副作用には男性機能障害や肝機能障害があげられます。

AGA治療薬に使われやすいミノキシジルでは副作用に初期脱毛がありますが、フィナステリドなら初期脱毛は起きません。

メソセラピーの効果と副作用

薄毛改善に役立つAGA治療の中でも、短期間で発毛を実感できるかもしれない医療がメソセラピーになります。

メソセラピーは発毛や育毛に対する有効成分を頭皮に直接浸透させる治療法で、基本的に認められている効果は以下の通りです。

★AGA治療薬との相乗効果

★薬剤を頭皮の奥まで浸透させる効果

★配合する有効成分による多角的な発毛効果

メソセラピーならAGA治療薬と併用可能であって、含まれる有効成分が頭皮の奥までしっかり届きます。

ただし、配合成分で左右される副作用のほか、頭痛や内出血など活用する個人の体質によって様々なリスクが出てきますので注意してください。

自毛植毛の効果と副作用

人工毛ではなく自分の髪を移植するため、取れる量は限られますが拒絶反応を避けていけるAGA治療です。生着率が95パーセントほどなので非常に高く、もちろん生着した髪は普通の髪と同様に生え続けます。

薬剤の副作用を心配する人にとって主要な選択肢になり得ますが、自毛植毛でも施術のリスクがどうしても発生してしまいます。施術後に痛みや熱感などが生じたり、傷跡が目立ってしまうケースが見られるため、事前に副作用についてよく確かめておきましょう。

AGA治療においてはAGA治療薬とメソセラピーが併用されやすく、薬剤の副作用を避けたいときには自毛植毛などの治療法が選ばれたりします。

いずれの治療法も薄毛改善に役立てられるところですが、副作用やリスクが生じ兼ねないので、前もって専門医に相談することを心がけましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする